ハワイの学校に入学ー健康診断、予防接種、TBテスト

こんにちはハワイぐらしです。
3人の子供たちとハワイに移住し、子供達を学校に行かせるための手続きー健康診断、予防接種についてです。

アメリカと日本、必要な予防接種の回数と種類の違い

ハワイでプリスクールに入る際、公立学校に入学する際、必ず健康診断の書類、予防接種の記録、TBテストの結果(小学生から)を提出しなければなりません。

この「予防接種」、日本とアメリカで必要な本数と種類が結構違います。

ハワイの保健所のページにも詳しくのっています。
School Health Requirements-Hawaii State Department of Health

ハワイでプリスクールに入る際に必要な予防接種(19ヶ月過ぎた子)

DTaP4回(DPT)、Polio3回(ポリオ)、HepB3回(B型肝炎)、MMR1回(はしか、おたふく、風疹)、
Hib1回、varicella1回(水ぼうそう)

が必要です。

さて、日本から移住して来た4歳の末っ子はプリスクールに入る時、何を追加接種しなければならないのでしょうか。

・DPTは日本で終わってます。

・ポリオは不活化4回うってるので、クリア。と思いましたが、アメリカでは、最後の追加1本は4歳すぎに打たなければならないようです。末っ子は4歳前に打ってしまったので…
ポリオ、もう一回ハワイで接種しました。

・Hep Bは、B型肝炎ウイルスです。日本では一般的には予防接種は行われていません。
Hep B、ハワイで接種しました。

・MMRは、はしか・おたふく・風疹です。日本ではMR(はしか・風疹)を一回接種しています。おたふくは任意で別途お金がかかるので、受けてませんでした。なので、おたふく1回分が足りない。ということなのですが、ハワイではおたふくだけの個別ワクチンはないので…
MMR、ハワイで接種しました。

・Hibは、日本で4回も接種したのでクリア。

・水ぼうそうは、最近日本でも無料接種になってきましたね。うちの末っ子は、2歳になる前の夏にみずぼうそうにかかってしまったので…接種していません。かかってしまったものは、接種する必要ないので、クリア。

正解ー3本、追加接種しました。

ハワイで、小学校入学の際に必要な予防接種

DTaP5回(DPT)、ポリオ4回、HepB3回、MMR2回、水ぼうそう1回になります。

なので…長女や長男も足りない分のMMR、HepB、HepA(A型肝炎)も推奨なので、接種いたしました。

あとは、ツベルクリン反応テストが必要です。日本ではBCGを生後まもなくでやりますよね。結核予防の為ですね。
アメリカでは、ツベルクリン反応の注射をして、2、3日後に部位が腫れているかいないかの確認をします。
(以前は日本でもこの方法だったかと思いますが)で、腫れていると「結核」という診断を受けてしまうのですが、日本でBCGを受けている子ども達は、ちょっと反応してしまい、ギリギリ判定だったりします。

うちの末っ子もけっこう赤くなり…ギリギリ判定でした。

陽性が出てしまうと、胸部レントゲンをとるとか、薬を何ヶ月間か飲む治療が必要になるとか、大変です…。
英語に自信のない場合は、日本の予防接種事情を説明し、理解してくれる小児科先生にかかるのが良いかと思います。

小児科に行く際に持っていくもの。

・母子手帳(日本の)
予防接種のページを訳しておきましょう。英語が書いてあるものもあるかと思いますが。
予防接種の記録が、平成年号で書かれている場合は、西暦になおして、接種した時の子供の年齢をかいておくとスムーズです。

・Insurance Cardー加入している保険会社のカード

・学校の書類

小児科で英語がわからない。でもなんとかなる。

我が家の子供3人を連れて、初めて小児科に行った時のことです。
受付し、数分後に看護師さんが呼びにきてくれて中へ。私もついて行きます。

”Take off your shoes and stand right there”

沈黙2秒。誰も動かない。こども達、ぽかーんとしてる訳です。
まったく分かってません、英語が。

当たり前です。英語教えてないので。
でもこんなに、簡単な英語もわからない?と私は、軽くショックでした。

「靴を脱いで、そこに立ってって、身長測るんだから」と私が通訳。

その日は、いちいち、看護師さん、お医者さんの言葉を通訳。

そして、予防接種が必要。となったので、大変でした。
注射は、子供嫌がるので、泣く子は…大変ですね。
足りない注射を、限られたスケジュールの中でこなさないといけない。となってくると、
3、4本同時接種。なんてこともありますし。
1本でも大変なのに、4本??

子供、怖がりますね…。

我が家も、末っ子と長男があまりにも嫌がって、華奢でかわいい看護士さんを困らせ…

彼女が、「ちょっと待っててね」と言って、部屋を離れ、3分後に、
体格のしっかりしたベテラン看護士さんが現れ、

「さあ、私のおひざにお乗りなさい!」

と言ったら、すんなり、私のひざに乗って、スムーズに終わった。ということがありました…。

接種終わったら、おもちゃやシールくれるので、頑張りましょう!!

あとは、アレルギーのこと、宗教的思想や、予防接種に対する考えもひとそれぞれなので、ドクターや学校機関としっかり話し合うことも必要だと思います。

2 件のコメント

  • はじめまして。ブログ拝見しました。
    私は来年6、4歳になる子を連れての留学を考えています。とても勉強になりましたし、なんだか私も大丈夫かもと根拠のない自信が少し持てました。ご縁があれば色々と教えていただきたく思います。よろしくお願い致します(*^o^*)

    • 初めまして、ご訪問ありがとうございます。
      親子留学、素敵ですね。親子共々貴重な体験が出来ると思います!!
      頑張ってくださいね。応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です